神待ち女性とも仲良くなれば貪り合うようなセックスができます。足フェチの僕はよく要求を聞いてくれる神待ち女性が好きです。

神待ち女性とも仲良くなれば貪り合うようなセックスができます。足フェチの僕はよく要求を聞いてくれる神待ち女性が好きです。

『貪り合うようなセックス』というのは、恋人か夫婦でないとできなさそうですよね。男性側はともかく、女性側は愛情を感じるほど性欲も高まるため、時間をかけないと貪り合うことはできないでしょう。

ですが、『元からかなり性欲の強い女性』が相手だと、少し仲良くなるだけでも貪り合うようなセックスができます。こういうシチュエーションでセックスすると密着したり舌を絡めるキスができたりするので、恋人同士みたいなラブラブセックスができますよ。

私がそういうセックスをしたのは、『神待ちしていた女性』が相手でした。通常の神待ち女性は泊まるためにセックスするため、場合によっては無反応のまま終えることもあるでしょう。でも、性欲が強い女性であれば、泊まるためとはいえセックスも楽しんでくれるのです。

その女性の名前はミナコ(仮名)と言いまして、私よりも1つだけ上の社会人女性でした。ミナコの神待ちをしていた理由は聞いていないものの、声をかけたらすぐに泊まりに来てくれて、私としては好都合でしたね。

そんなミナコとの初対面での感想ですが、結構好みのタイプでした。顔立ちはすっきりとした美人って感じで、厚化粧じゃないのが一目で分かったのです。スタイルもグラマーってほどじゃないものの、太ってもいないから文句ありません。

そして何より、ミナコは会話が上手いです。一緒に食事をしているときから愛想が良くて、それを褒めると「○○さんって話していて楽しいから」とお世辞を言ってくれまして、そんなところも好感触でした。なお、これはお世辞でないことがあとで分かったのです。

家に到着してミナコといちゃついていると、すぐに濡れていました。すると「今日はいつもより感じやすいかも…○○さんだからかな…」と甘えるようにキスをしてきて、そこで私もミナコが愛おしくなったのです。

その結果、愛撫中はお互いを労り合うような触り方をして、私の股間もいつも以上にギンギンです。ミナコはそんなペニスに優しくゴムを着用してくれて、トロトロのアソコへと入れました。そして入れた感触も本当に相性が良くて、必死に腰を振ったのです。

ミナコは私を本当に気に入ったらしく、それで性欲も高まった結果、ピストン中はずっとキスをしてきました。その際は口内を必死に吸い上げてきまして、文字通り貪り合うようなセックスができたのです。

神待ちしていた女性であってもここまでできるなんて、全然思っていませんでした。だからミナコをセフレに誘うとOKしてくれまして、ときどき泊めては愛し合うかのようなセックスをしています。

神待ち女性とも仲良くなれば貪り合うようなセックスができます。足フェチの僕はよく要求を聞いてくれる神待ち女性が好きです。 へのコメント

コメントを投稿




他の記事へ